中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french

  • 電話番号
  • 営業時間
  • お問い合わせ




おがちゃんの部屋11

おがちゃんの部屋
第十一話 "Ibanez TS-808" vs "BOSS OD-1" 編
第一話 A/Bボックス・ループセレクター・パラボックス編
第二話 歪みもの編
第三話 歪みもの Part 2 アンプ編
第四話 クールな逸品をご紹介編
第五話 アナログディレイ特集
第六話 最近の独り言..
第七話 ループ・ボックス編再び!編
第八話 ちょこっとコアなペダル・エフェクター特集編
第九話 エレハモ BIG MUFF π 特集編
第十話 おがちゃんの"魔法の小箱"編
第十一話 "Ibanez TS-808" vs "BOSS OD-1" 編
"Ibanez TS-808" vs "BOSS OD-1"

 昨今のブティック・エフェクターやモディファイ・モデルの隆盛には驚かされます。皆さん、ご存じのように、毎年、毎月、まさに星の数ほどと言ったら大げさでしょうか?
世界中から数多くのニュー・モデルがリリースされています。特にオーバードライブ系のペダルにおいては著しいものがあり、ハンドメイド系の走りとも言えるKLON CENTAURやFulltone FULL-DRIVEに始まり、モディファイ物の流行を呼んだKeeleyやANALOG.MAN、マニアックなラインナップを誇るLovepedal、3モード系ODという新たな定番を確立したLANDGRAFF DYNAMIC OVERDRIVE、そしてFUJIYAMA DRIVE他、多くのヒットモデルを送り出した国産の雄HSW、、、、挙げていけば全くもってキリがありません/(^_^)。

 そんな風潮の一つの源となったのは、 '70年代末に発表された"TS-808 TUBE SCREAMER"ではないでしょうか? '79年から '81年頃まで生産されたTS-808(国内版OD-808)は、豊かなミッドレンジを持ち、原音に心地よい倍音と絶妙な具合のコンプレションを付加することで、マイルド且つ艶やかなドライブ・サウンドが得られます。スティーヴィー・レイ・ヴォーンを始めとして、多くのプロが挙ってTS-808をチューブ・アンプのブースターとして活用したのです。国内版OD-808の当時の定価は9,000円(初期ナロー・ケース仕様7,500円)でした。 '82年頃にはTS9(〜 '84)へモデルチェンジされました。基本的な回路は同じだったものの、いくつかのパーツが変更されたため、微妙なサウンドの変化を呼びました。その後、TS10( '86〜 '93)、TS5( '91〜 '99)と世代が変わりましたが、オリジナル・チューブスクリーマーTS-808(4558系)サウンドを求める声が多く、TS-808の研究家として著名なANALOG.MAN氏を始めとする新興メーカーが挙って、モディファイ品やリスペクト・モデルに力を注いでいきました。現在では本家Ibanezからも復刻品が販売されるに至っています。
 そんな世界に名立たる名機TS-808のライバルは、TS-808に少し先駆けて、 '77年10月に発売されたオーバードライブOD-1です。ジェフ・ベックがステージで使用して”マーシャル・サウンドのようだ”などと絶賛、現在のオーバードライブ・ユニットの元祖の誕生です。それまでのMXR Distortion+などのハードな歪みに対して、OD-1の音はもっとナチュラルで、「ディストーション」に対して「オーバードライブ」という新たなカテゴリーを確立したのです。既にIbanezからも海外向けに"OD-850 Overdrive"、"OD-855 Overdrive II"といったモデルがリリースされてはいましたが、このOD-1の登場はエフェクター史上において、まさにエポック・メーキングでした。国内での販売期間は '77年10月から '85年7月、リリース当時の定価は8,500円でした。その後の定価改訂で9,000円になっています。ただし、ロットNo.や海外輸出品の付属英文マニュアルの印刷デイトなどから、海外向けにはCE-2と共に '80年代終わり頃まで生産されたようです。非対称オーバードライブ・サーキットを採用し、チューブアンプをフルアップさせたようなマイルドで生々しいサウンドは画期的でした。滲み出るような豊かな倍音とロング・サスティーン、何よりピッキングのニュアンスやフィンガリングのタッチを殺すことなく、ロックは元よりフュージョン・ジャズ系のギタリストにも好評を得ました。ミッドレンジに集約されたサウンドはマーシャルなどのスタックアンプと相性が良く、ブースターとして秀逸でした。


Ibanez TS-808 TUBE SCREAMER Overdrive Pro

Ibanez TS-808 日伸音波製作所(Maxon)により、'79年から'81年頃まで生産された海外向けモデルです。国内向けには"Maxon OD-808 OVERDRIVE"としてリリースされました。当初より通称"キャラメル・スイッチ"と呼ばれる"Q-1"FETスイッチが装備されています。




 初期の欧州向けナロー・ケース仕様は、ポピュラーな後期ワイド・ケース仕様と異なった回路を持ち、OD-801(D&S)の基板に初期のデュアル・オペアンプであるモトローラのMC1458P(OD-808ではテキサス・インストゥルメンツのUA 1458Cも確認)が2基搭載されています。また、DCジャックはINPUTジャックの横に装備されています。後期ワイド・ケース(TL4558P)仕様と比べたところ、意外ですがサウンドはとても似ています。MC1458P搭載品は若干ハイが控えめで、マイルドでしっとりとしたサウンド。対してTL4558P搭載品は乾いた感じのサウンドです。

Ibanez TS-808
ナロー・ケース仕様のTS−808とOD-808
OD-808 (MC1458P) Ca. '79

欧州向け仕様と違いフラットなケース。内部回路は基本的に共通で、基板にはプラスティック製のカバーが装着されている。

Maxon OD-808 Maxon OD-808



 後期ワイド・ケース仕様は、100000番から始まるシリアル・ナンバーを持ち、日本無線のJRC4558D、テキサス・インストゥルメンツのRC4558P(マレーシア製)、一部にその改良型であるテキサス・インストゥルメンツのTL4558Pが搭載されています。RC4558P(通称マレーシアン・チップ)搭載品は、レンジが広く、エッジが効いていて輪郭がくっきり、ローが強くハイも伸びています。コンプ感は強めで、時に和音を弾いたときに若干の音の暴れを感じます。ダイナミックで一番へヴィーなサウンドです。JRC4558D搭載品は、ミッドにレンジが集約していて、マイルドで艶があります。スムーズで上品なサウンドですね。TL4558P搭載品は、JRCに近いのですが幾分ローがタイトな印象でした。

Maxon OD-808  
s
国内仕様のMaxon OD-808  
TS-808 #116965 (RC4558P) Ca. '80

初期の外観的な特徴として、"Ibanez"ロゴの右上に(R)マーク(登録商標マーク)が入り、"TS-808"と型番にハイフンが入り、DCジャック部に固定ナットが付いている。茶色の紙製絶縁シートの採用、コントロール・ノブ周りに目盛りがない等あります。

TS-808 #116965 (RC4558P) Ca. '80
TS-808 #145621 (TL4558P) '80〜'81

DCジャック部の固定ナット廃止、黒色のプラスティック製絶縁シートの採用。

TS-808 #145621 (TL4558P) '80〜'81
TS808 #163060 (JRC4558D) Ca. '81

"Ibanez"ロゴの右上に(R)マーク(登録商標マーク)がなくなり、コントロール・ノブ周りに目盛りが付けられています。

JRC4558D #163060 Ca. '81

下記は、今までにTHE中古楽器屋が取り扱ったTS-808の個体データを表にまとめました。
※印の個体は仕様がイレギュラーなのでシャーシ(S/N)交換の可能性あり。

製造
モデル
S/N OP-IC (R)
マーク
DCジャック
止めナット
ノブ
目盛り
ケース その他
'79 TS-808 N/A MC1458P ナロー OD801基板
'80 TS808 110936 JRC4558D ワイド
  TS-808 113264 RC4558P N/A ワイド  
  TS-808 116965 RC4558P ワイド  
  TS-808 126722 JRC4558D N/A ワイド  
  TS-808 131559 RC4558P ワイド  
  TS-808 135955 RC4558P N/A ワイド  
  TS-808 138472 RC4558P N/A ワイド  
  TS-808 139224 RC4558P N/A ワイド  
  TS-808 144650 TL4558P N/A ワイド  
  TS-808 145263 TL4558P N/A ワイド  
  TS-808 145621 TL4558P ワイド  
'81 TS808 157509 JRC4558D ワイド  
  TS808 159321 JRC4558D N/A ワイド  
  TS808 159633 JRC4558D ワイド  
  TS808 163060 JRC4558D ワイド  
  TS808 165071 JRC4558D N/A ワイド  
  TS808 175788 JRC4558D N/A ワイド  
  TS808 177488 JRC4558D ワイド  
  TS808 181145 JRC4558D N/A ワイド  



BOSS OD-1 Over Drive

BOSS OD-1 Over Drive商品に添付されていた冊子、"BOSSエフェクター事典VOL.1"より

 初期OD-1の回路にはクワッド・オペアンプが搭載されました。極初期、ロットNo.6400あたり〜8400或いは8500に搭載されたレイセオンのRC3403ADBとNo.8600〜8800に搭載されたNECμPC4741Cです。また、一部にテキサス・インストゥルメンツのUA3403PCも見られます。LEDインジケータはバッテリー・チェッカー専用でした。No.8900あたりからデュアル・オペアンプに仕様変更され、同時にLEDインジケータがON/OFF表示されるようになります。No.260000~270000あたりまではNEC C4558CかJRC4558D、以降JRC4558DDが搭載されましたが、一部テキサス・インストゥルメンツのTL4558P等も見られます。'80年代初頭、No.0400〜0500あたりで銀ネジから黒ネジに変更されます。その後、主なところではOD-1の文字位置やロゴ自体の太さ、ポット&コントロール・ノブの形状などが変更されています。

 クワッドOP搭載品でも、RC3403ADBとμPC4741Cでは同じモデルと思えないほどサウンドが違います。RC3403ADB搭載品は、ローがタイトで、ハイが充分出ていて、ブライトなサウンドです。ハムバッカー・ピックアップ向きだと思います。μPC4741C搭載品は、RC3403ADB搭載品に比べ、ロー・ミッドが豊かで、ハイは控えめで、ファットなサウンド。どちらかというと、シングルコイル・ピックアップ向きだと思います。デュアルOPのNEC C4558C搭載品は、明らかにμPC4741Cの流れを汲んだサウンドです。μPC4741Cよりさらにローが強く、ヘヴィーなサウンドです。

クワッド・オペアンプとは、4個のOPアンプをひとつのパッケージ内に内蔵したオペアンプです。
デュアル・オペアンプとは、2個のOPアンプをひとつのパッケージ内に内蔵したオペアンプです。
OD-1 #8000 (052-281B/RC3403ADB) '78

FETスイッチが透明で外バネ式、基板には大型のクワッド・オペアンプを搭載。紙製の絶縁シート、銀ネジ(コイン・スクリュー)を採用。

OD-1 #8000 '78 052-281B/RC3403ADB
OD-1 #8700 (052-281B/NEC μPC4741C) '79

過渡期なのかFETスイッチが色と形状が特殊です。#8000とは電池スナップの引き出し位置も違います。品質の安定性に難のあったレイセオンに代わり、NECのクワッドOPに変更。

OD-1 #8700 '79 (052-281B/NEC μPC4741C)
OD-1 #9600 (052-281D/NEC C4558C) '79〜'80

FETスイッチが現行品と同様なものに変更。基板には小型のデュアル・オペアンプを搭載。絶縁シートはプラスティック製に。

OD-1 #9600 '79〜'80 (052-281D/NEC C4558C)
OD-1 #262200 (NEC C4558C) '82

ロットNo.はラベルでなくスタンプで入れられ、底のラベルには「Roland JAPAN」と入る。黒のサム・スクリュー採用。本機の回路基板は、MADE IN TAIWAN。

OD-1 #9600 '79〜'80 (052-281D/NEC C4558C)
OD-1 #922512 '89

「OD-1」の文字位置が変わり、コントロール・ノブとポットも現行と同じタイプに。ロットNo.ラベルがバッテリー・キャビティ底部に貼られている。海外に輸出された個体で、付属の英文マニュアルに記載されたデイトは「May. '88」。

OD-1 #9600 '79〜'80 (052-281D/NEC C4558C)

下記は、今までにTHE中古楽器屋が取り扱ったOD-1の個体データを表にまとめました。

製造年 ロットNo. 印字 スクリュー 基板 OP-IC FETスイッチ その他
6900 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式 黒色
ボトムパネル
'78 7400 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
7700 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
7800 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
'78 8000 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
'78 8000 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
8200 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
8200 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
8200 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
8200 スタンプ 銀ネジ N/A UA3403PC 透明/外バネ式
'79 8300 スタンプ 銀ネジ 052-281B RC3403ADB 透明/外バネ式
8400 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 透明/外バネ式
8400 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 透明/外バネ式
8600 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
8600 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
8700 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒白/内蔵バネ式
8700 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
8700 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
8700 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
8800 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
8800 スタンプ 銀ネジ 052-281B NEC μPC4741C 黒/内蔵バネ式
9100 スタンプ 銀ネジ 052-281B JRC4558D 黒/内蔵バネ式
9200 スタンプ 銀ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
9200 スタンプ 銀ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
9300 スタンプ 銀ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
9400 スタンプ 銀ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
9500 スタンプ 銀ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
9500 スタンプ 銀ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
9600 スタンプ 銀ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
9700 スタンプ 銀ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
'80 9900 スタンプ 銀ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
#0000 スタンプ 銀ネジ 052-281D TL4558P 黒/内蔵バネ式
#0200 スタンプ 銀ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
#0600 スタンプ 銀ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
#080200 ラベル 黒ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
#089500 ラベル 黒ネジ 052-281D NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
'81 113400 ラベル 黒ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
140300 ラベル 黒ネジ 052-281E NEC C4558C 黒/内蔵バネ式
167900 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558D 黒/内蔵バネ式
168400 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558D 黒/内蔵バネ式
168600 ラベル 黒ネジ 052-281D JRC4558D 黒/内蔵バネ式
169200 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558D 黒/内蔵バネ式
170600 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558D 黒/内蔵バネ式
'82 221300 スタンプ 黒ネジ 052-281E NEC C4558C 黒/内蔵バネ式 TAIWAN製基板
262200 スタンプ 黒ネジ N/A NEC C4558C 黒/内蔵バネ式 TAIWAN製基板
"Roland JAPAN"
底面ラベル
274300 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
284800 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
296100 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
'83 306900 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
327700 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
383500 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
'84 456500 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
'85 517700 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DX 黒/内蔵バネ式
528200 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
'86 652600 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
653200 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
685400 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
'87 767300 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
777800 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
'89 911781 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式
922060 ラベル 黒ネジ 052-281E JRC4558DD 黒/内蔵バネ式


OD-1(RC3403ADB)、TS-808(TL4558P)のサウンド比較、総評

 最後に2つの名機を試奏比較してみました。どちらも中域にレンジを持ったオーバードライブですが、やはり独特の特性がありますね。まず、OD-1は高域が比較的出ていて、バリッとしたエッジ感を持ったドライな音。そして、TS-808はTONEコントロールを目一杯上げてもOD-1ほど高域は出ず、マイルドでウェットな質感。個人的には、OD-1はハムバッカー・ピックアップ向き、TS−808はシングルコイル・ピックアップ向きの印象を持ちました。ただし、それぞれ搭載オペアンプが変われば、印象も変わってくるはずです。OD−1はJCジャズ・コーラス(ギターアンプ)に使用しても、生々しいホットなドライブ・サウンドが出ます。さすがBOSS/Roland(^^)v。もちろん、チューブアンプに使用するとその魅力は倍増で、ゲインアップと共にサウンドがいい感じに引き締まります。適度な粗さがあり、エッジ感を失うことがありません。TS-808は、フェンダーのツインとかとストラトやテレキャスの組み合わせはもはや無敵!! 音が滲んで膨らんで、ミッドの太さと高域に倍音が乗ってきて、心地よさに加えて、何とも言えないあま〜い色気が加味されます♪ 前述したオペアンプ等の違いによるサウンドの差異もありますし、突き詰めれば、かなり奥深くマニアックな世界があるのです。

 今回ピックアップした2機種は、まさに王道でした。 '60年代から '70年代の外国製ファズ・ペダルが世界を席巻したように、 '70年代後半に日本で生まれたオーバードライブ・ペダルが、世界中で愛され、今なお最新の音楽シーンで生き続けていることを、日本人として誇らしく思うと同時に開発者に敬意を表したいと思います。当店のお客様には、OD-1やTS-808を昔(当時)使っていて、何かのきっかけで新しいペダルを追い続けることとなり、幾度もの試行錯誤や悩みを経験して、またある時、何気なく繋いでみたOD-1やTS-808の素晴らしさに気付いて、再び愛用される方が非常に多いように感じます。ギターやアンプもそうですけど、エフェクト・ペダルなんてただの道具なのに、いい音出た時は心底感動して、ペダルが愛おしく思えたりするから不思議です。えっ、私だけでしょうか?いえいえギタリストなら、きっとありますよね!! 機械でも何かが宿っているのかも知れませんよ。

 今回もお付き合い頂きまして、ありがとうございました。それでは、また帰ってくるまでお元気で〜 m(_ _)m。

THE中古楽器屋 小河内(オガワウチ)
 



TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.