中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french


リッケンバッカー研究室 第一回

リッケンバッカー研究室
第一回: その歴史
第二回: ベース登場
第三回: ラインナップをご紹介
第四回: 5弦、8弦、ダブルネック
第五回: ピックアップあれこれ
第六回: ピック・アップ比較研究レポート
第一回:その歴史
懐かしいヴィンテージサウンドから現代的なヘヴィー系爆音サウンドまで、ジャンルを問わずあらゆるベーシストに愛用され続けている不朽の名器RICKENBACKER!
 只今、THE中古楽器屋BASS売場ではRICKENBACKERにクローズアップ!強力高額買取り実施中です。
又、毎月一回更新のこの"リッケンバッカー研究室"では自分の勉強の為も兼ねていろいろな角度からRICKENBACKERを研究、報告して行きたいと思いますっ。
まず第一回目は”そうだったのか〜!RICKENBACKERの名前の由来”編です。
pict
現、羽田空港が開港(1931年)
1931年、ロサンゼルスの”ローパット・イン・コーポレーション”という小さな会社から物語は始まります。世界で初めてエレクトリック・ギターの一般市場発売に向けて、一貫してギターの音量増加を目指して来た技術者ジョージ・ビーチャム、ポール・バースそして金物製造を営んでいたアドルフ・リッケンバッカー。彼らが制作したエレクトリック・ギターは従来の楽器の概念を覆すもので、音楽シーンそのものを一転させる程の物でした。翌32年、ビーチャムはホースシューピックアップを搭載したエレクトリック・スティールギター”フライング・パン”を開発します。

 スティール・ギターの名前は、当時としてはまだ珍しいスティールの弦を使用した事に由来しています。1900年代初めハワイアン・ミュージックの人気にともないスライド・ギターが大流行に。当初は生のギターで代用されていたようですが、(ギターをひざの上に寝かせ、オープンチューニングでナイフの背等を用いスライド奏法をしていた様です)サスティーンを稼ぐ為にスティール弦を用い、スティール弦の強いテンションに耐え得る様にネックを太く開発されました。しかし通常のコード弾きに比べスライド奏法は音量が小さいという問題が有り、プレイヤーにとってはせっかくの自分の演奏が聞こえづらいという難点が常にあったそうです。
 そういった中、ネックをボディーの様にアコースティック化したアコースティック・スティール・ギターが開発されますが、アンサンブルの中ではやはりどうしても他の楽器に負けてしまい、根本的な問題解決にはなりませんでした。
 これまでのスティール・ギターに対しての不満の声は次第に高まり、ついにリッケンバッカーはエレクトリック・スティール・ギターを開発するのです。今や世界的に有名な老舗楽器メーカーの出発点は音量増加だったのは意外でしたね。
pict



その後34年には社名を”エレクトロ・ストリング・インストゥルメント・コーポレーション”と改め、その楽器を”リッケンバッカー・エレクトロ”のブランドに名付けました。というのも、会社設立前にアドルフ・リッケンバッカーは金型工場を営み当時としては成功を収めおり、この会社を経済的に支えていたのは彼だったようで、製造に関しても大きな貢献をしていたからです。また、リッケンバッカーという名前が、アドルフの従兄で第一次世界大戦での撃墜王としてその名を英雄として轟かせた、エディー・リッケンバッカーとしてすでに有名だった事からもリッケンバッカーの名前の持つ知名度にあやかりたいと考えたのです。その後エレクトロ・ストリング社の事を誰もが”リッケンバッカー”と呼ぶようになっていったのです。

>> リッケンバッカー・ギターはこちら

さて第一回目の研究室はいかがでしたでしょうか。次回もお楽しみに!
THE中古楽器屋  タカノ
 



TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.