中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french

  • 電話番号
  • 営業時間
  • お問い合わせ




中古楽器が店頭に並ぶまで-エレキギター編-

 
中古楽器が店頭に並ぶまで
エレキギター編管楽器編
 

1. ワクワクとちょっぴりの不安が入り混じった大切な時間。

中古品はどこにあるの?

私たちTHE中古楽器屋もここ新大久保の地に店舗を構えて20周年。おかげさまで今では年間10,000点弱の楽器を扱うまでとなりました。そんな我々スタッフがお客様から頂く質問で意外と多いのが「中古品はどこにあるの?」です。そんなご質問に我々は胸を張ってお答えします。「全て中古品ですよ」これは私達にとって最高に嬉しいお言葉です。普段新品の楽器屋さんに行き慣れている方が当店にご来店頂いても違和感なくご覧頂ける。新品の輝きはないかも知れません。傷やどうしても取れないサビ、くすみははあるもののそれでも新品に負けない清潔感を意識して我々は日々楽器を磨き、修理、調整しております。時には「埋まってたんかいっ!」と突っ込みたくなる様な汚れたギターもあり、そんなギターが再び次のオーナー様の元へ嫁ぐ日を思いつつ我々はギターを磨きまくっております。リサイクルショップに並んだ楽器をご覧になった事はございますか?ネックの曲がったまま、弦が錆びて埃もかぶったままのギター。「リサイクルショップで買ったら修理代の方が高くついた」なんて笑えない笑い話も良く聞きますが、専門店ならきちんと調整してきれいに磨くのは当たり前。我々は専門店として単に商品だけでなく”清潔感”と"調整された安心感"というポリシーを付加価値としてお客様にご満足頂けるよう日々心がけています。THE中古楽器屋のスタッフは中古楽器の豊富な知識があるだけでなく、メンテナンスのプロでありみんな楽器が大好きなんです。そのギターが一番良い状態で購入してもらえるよう、一本一本に高い技術と暖かい心を込めて調整してます。

photo

入荷してから店頭に並ぶまで

それでは当店でギターが入荷してから店頭に並ぶまでをご紹介致します。

今回取り上げますのがFender '74 Stratocasterおよそ35年前の楽器だけあってかなり年期が入っています。

photo

特にブリッジ周りや指板表面の汚れがすごいですね。

photo先ずは音を出します。
クリーニング、調整の前にネックの状態や電気系統の確認をしておけば、分解時に適切な処置ができます。

photo

まずこちらで大まかな埃などを拭き取ります。
家庭用のお掃除グッズ"クイックルワイパー"。これがサッと拭くだけで着いた埃が戻らなくて大変便利!

第一の磨き。ざっと全体の大まかな汚れを落とします。   photo

次に弦を外していきます。   photo

ペグも取り外します。   photo

全部ばらすなんて!・・・一見して手間に見えますが、ペグの隙間を縫って磨くよりは効率も仕上がりも良いです。   photo

第二の磨き。ヘッド、ボディーから細かい部品まで磨いていきます。   photo

THE中古楽器屋には2種類のクロスを取り揃えております。
左側が一般的な"シリコンクロス"。右側が"ハイパー ミクロクロス" です。

>>クロスはこちら

  photo

目の細かさの違いが判りますでしょうか?
ミクロクロスは高度なファイバーテクノロジーを駆使して加工された超極細繊維で、繊維そのものが汚れを拭き取り易く出来ています。
ご家庭でもミクロクロスは一枚もっておいた方が良いと思います。
  photo

ペグも一つ一つ丁寧に磨いていきます。   photo

細かいところは綿棒で。   photo

ここまでピカピカになります。磨く前と比べると一目瞭然ですね。   photo

次にフレットを磨いていきます。業務用のコンパウンド"ソーラー・ラビングコンパウンド極細"かなり目の細かい物を使っております。   photo

よくかき混ぜて磨きます。   photo

フレットの隙間に入り込まぬ様に少量をクロスに取り、フレットを一本一本磨いていきます。   photo

ローズ指板等の場合は木部の導管に入り込まぬ様マスキングテープを使います。   photo

見よ!この高速スクラッチ!どんな錆びもピカピカに!   photo

フレットの隙間のゴミも掻き出します。   photo

磨き前と比較してピカピカというのが見て取れます。   photo

ピックガードも外し磨きます。一切の手抜きは致しません。   photo

ピックガードとボディーの間にも汚れは入り込んで行くのです。   photo

塗装を痛めないように磨き上げます。   photo

ハイ。綺麗になりました。   photo

スタンプ入りのグレイボビン・ピックアップ、CTS製ポットのデイトも確認。セラミック・コンデンサーにCRL製スイッチ・・・オリジナルパーツもしっかりチェックします。   photo

ピックアップの側面に汚れがたまります。   photo

ワイヤーを切らないように慎重に埃を落としていきます。   photo

電気系のチェックも行います。   photo

次にブリッジ。   photo

やはりこちらもばらします。細かいオリジナルパーツも無くさないように要注意!   photo

ネジの頭を磨きます。   photo

スプリング内のホコリやくすみを取ります。   photo

ネジ、コマ、スプリングなど6弦分全て磨いていきます。   photo

ブリッジプレートもこの輝き!
ここまでの所要時間約40分。
  photo

ここで大まかな磨き作業は完了です。指板の黒ずみもほとんど無くなりました。
s
photo

第三の磨き。最後の仕上げにワックスで磨きます。   photo

塗装を痛めないようにこすり過ぎは厳禁!これで艶が甦ります。   photo

あとは弦を張っておしまい・・・ではありません。   photo

ネック、弦高、オクターブなど各所を調整していきます。

次にお使いになる方の事を考えて可能な限り弾き易いように、その楽器のポテンシャルを最大限に引き出すように・・・。

  photo
    photo
    photo

こうして磨かれ調整されたギターは我がTHE中古楽器屋の鬼軍曹・・・ではなくギター担当責任者の厳しいチェックをパスしないと店頭に並ぶ事を許されません。
     
今回1回目のチェックはあえなくNG・・・。ギターの調整は良いが磨きがもう一つとのことで。
厳しい〜!
  photo

炎の再磨き!
今度はどうだ!
  photo

そして・・・
ここまでやってようやくOKが!これで晴れて店頭に並ぶ事が出来たのでした。   photo

photoさて私たちの扱う楽器はもちろんここまで手の掛からない物もありますし、どこから手をつけて良いか分からない楽器もあります。しかしどんなコンディションでも私達は一生懸命に楽器と向かい合っています。修理費などの限界と戦いながら、決してあきらめたりはしません。どんな楽器も最善の方を探し、可能な限り良い状態に調整してお客様の元にお届けしています。
なぜなら我々にとっては数百本の商品の一本であっても、次に所有して弾いて頂くお客様にとっては大切な一本のギターだからです。ここまでやって初めて我々はプロフェッショナルと自覚しています。

>>そんな1本づつ磨かれたエレキギターから探す

s
 



TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.