中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french

  • 電話番号
  • 営業時間
  • お問い合わせ




Martin '44 D-28 "WAR TIME"

Martin Prewar Models プリウォー・マーティンが奇跡の大集結!! Martin Prewar Models プリウォー・マーティンが奇跡の大集結!! Martin Prewar Models プリウォー・マーティンが奇跡の大集結!!
Martin Prewar Models プリウォー・マーティンが奇跡の大集結!! Martin Prewar Models プリウォー・マーティンが奇跡の大集結!!
 
 
製造年とシリアル番号
Martin '44 D-28 #87813 "WAR TIME"

戦時下の金属不足によるエボニーロッド、最終スキャロップド・ブレイシング仕様

Spec
トップ: アディロンダック・スプルース
サイド&バック: ハカランダ
ネック: マホガニー
フィンガーボード: エボニー
ブリッジ: エボニー
ペグ: クルーソン・オープンバック・プラスティック・ボタン
重量: 1.89Kg

 現代のアコースティック・ギターのベーシックというべきD-28は、1931年大手ディーラーであるDitsonの注文により作られた試作品"D-2"が発展して発のドレッドノート、"D-28"として誕生しました。1934年には14フレット・ジョイントのD-28が誕生し、記録上14F仕様D-28初年度の生産本数はたったの52本であった。

 1938年にトップ・プレート・ブレイス(トップ裏のネック寄りに平たい補強板)が装着される。1939年にはフォワード・シフテッドXブレイシングを廃止。指板の幅がナット部で約1.5mm、12Fで約3.2mm狭くなる。1940年当時の価格は100ドル(D-18 65ドル)。1941年12月の日本との開戦によって第二次世界大戦に突入すると、戦争による金属不足による影響が出始める。1942年にはネック・ロッドがスティールTバーからエボニーに変更される。1944年後期にはヘヴィー・ゲージ使用時の強度不足対策としてスキャロップド・ブレイシングが廃止。指板インレイはスロッテッド・ダイヤモンド&スクエアからドット・パターンに変更される。1946年にトップ材がアディロンダック・スプルースからシトカ・スプルースに変更になる。また、ネック・ロッドはエボニーからスティールTバーに戻される。1947年にD-28のヘリンボーン・トリム&ジグザグ・バックストリップが、白黒ストライプ&チェッカード・バックストリップに変更される。

 現在に到るまでD-28のサウンドに魅せられたアーティストは数多い。カントリーのハンク・ウィリアムズ、ブルーグラスのレクター・フラット、フォークのランブリング・ジャック・エリオット、それからボブ・ディランに、クラレンス・ホワイト、キングストン・トリオ、トニー・ライス、、、ジミー・ペイジと枚挙にいとまがない。豊かな中低域を持ち、力強さとバランスに優れたコード・サウンドを奏でるD-28。当時の個体の音色は特に奥深く、しっかりとした音の芯があり、豊かで自然な倍音に包まれています。

外観
Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813
Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813
Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813
Martin '44 D-28 #87813 Martin '44 D-28 #87813 Martin '41 D-18 #79752 Martin '41 D-18 #79752
商品ページへ




TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.