中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french


MOSSMAN SUPER CUSTOM by Baxendale

MOSSMAN SUPER CUSTOM by Baxendale

Mossman アメリカ・カンザス州の名工"Stuart Mossman (スチュアート・モスマン 1942-1999)"。残念なことに彼は1999年に56歳の若さで亡くなってしまいましたが、仕事の素晴らしさから、現代の製作家たちに最も大きな影響を与えたルシアーの一人と云われいます。

Mossman カントリーミュージシャンやブルーグラスプレイヤーに愛され続ける"モスマンギター"は、カンサス州ウィンフィールドで1961年にナイロン弦ギターを最初に製作し始めた故スチュワート・モスマンにより設立されました。1968年より本格的に精力的なギター製作活動を行い、1970年代にドック・ワトソン(Doc Watson)も使用するなど、人気を博し、一世を風靡した後に大成功を収めます。

Mossman しかし、1970年より大規模な工場生産に切り替えたものの、1975年には、1200本ものギターが災難で没になってしまい、1977年には工場が火事となり、その後事業を縮小します。この事件は今でも"モスマン最大の悲劇"としてアコースティックギター業界で語られています。幾多の災難に見舞われながら、遂に1984年には倒産をしてしまいます。

Mossman 1968年から1984年の16年間で約6000本余りのギターを世に送り出しましたが、モスマンのギターは1968年・1969年製のギターが最も出来が良いと云われており、市場では滅多に見かけることはありません。日本には1976年頃から相当な本数が輸入されましたが、量産期でクオリティ面が懸念される個体が多かったようです。

 そして、1986年にブランド名をテキサス州ガーランドのスコット・バクセンデール(Baxendale)に売却されます。1986年以降、バクセンデールが手掛けたモスマンも存在しています。

Mossman  その後モスマンの名は再び1989年にテキサスのジョン・ケンジー、ボブ・ケーシー両氏に売却されます。1991年にダラスからテキサス州サルファースプリングスに工場を移転、2000年前後までギターが製作されていたことでも知られています。

Mossman ジョン・デンバーやエリック・クラプトン、アルバート・リー、ドック・ワトソン、ハンク・スノウ、キャット・スティーヴンス、ダン・クレアリー、マーク・オコナー、ジェフ・ホワイト他多数といった著名アーティストに愛用されたモスマン・ギター。黄金時代には、モデル上の様々なオプションや、豪華なカスタムインレイ彫刻を施したりと、美術品的な要素も併せ持つクオリティの高いギターを製作していました。

Mossmanスコット・バクセンデール(Baxendale)

Mossman

今回ご紹介するMOSSMAN SUPER CUSTOMは、ナム・ミュージアムに10年間展示されていたという博物館クラスの逸品です。

Mossman

ナム・ミュージアム

Mossman Museum of Making Music(全米楽器商協会:NAMM)は、音楽製品産業の功績を賞賛、文化的保存を目的に1998年、カリフォルニアに設立されました。その後、2000年3月には一般に公開されます。
博物館は10年以上、広範囲の聴衆の方へ向けられた特別展示や、革新的なコンサートおよび教育プログラムを通じて、私たちの音楽的文化遺産の保存と、歴史的希少価値のある楽器を目にする機会を提供しています。
年代順に展示構成されており、訪れたギャラリーは楽器を通じてそれぞれの時代の音楽的歴史に触れることが出来ます。

Mossman  このナム・ミュージアムに展示公開されるということは、楽器業界での功績が称えられ、その歴史的、文化的価値が後世に語り継がれることを認められたことを意味しています。一般の方は勿論、世界中の楽器業界・音楽誌出版社・音楽愛好家・ミュージシャンらが目にしてきたであろう芸術品でもあります。貴重であるがゆえに、人の手に触れられることを許されなかった博物館クラスの美術品が、今回、当店に奇跡的に入荷をしてきたのです。

MOSSMAN SUPER CUSTOM '88

Mossman トップ/シトカ・スプルース、S&B/フレイム・メイプル、フィンガーボード/エボニー、ネック/マホガニー、チューナー/Schallerゴールド、ナット幅/43.8mm、スケール/653mm、カスタム・ハードケース付き

 1988年にバクセンデールがダニー・デーベンンポートという人の為に特別に製作したカスタム・モデル。当時、ワーナー・ブラザーズのプロモーター及びARマンであったデーベンポートのオーダーで、指板にはワーナーの代表的キャラクターであるバッグス・バニーが片手にニンジンを持ってインレイされています。

mosrite
 
mosrite
使用されたパールの総数は3,500個という豪華さ。

Mossmanボディ・トップの左下の蔦の文様は、革の彫り物のように見えますが、実は一つ一つ手で描かれています。この文様の中にもニンジンを手にして寝そべったバッグス・バニーが存在しています。

Mossmanボディ・バックに施されたモスマンのロゴも、精巧な寄せ木細工で仕上げられています。

Mossmanボディの厚さは、MARTINのトリプル・オーよりも薄く、エレキギターのセミアコ程となっています。

Mossmanサイドバックにはトラ目が美しいフレイム・メイプルが使われています。

Mossmanヘッドにインレイされた薔薇の中には、ワーナー・ブラザーズのロゴ・マークが美しく輝いています。

MossmanSchaller製ゴールドペグが豪華さに彩りを添えています。

Mossmanヘッド・ストックのインレイやピックガードの薔薇を見ても、かなり心得のある人物の作品であることが伺い知れます。

Mossmanハードケース外部にはバックス・バニーのカラフルなイラストが描かれています。

Mossmanハードケース内部は、ギターを保護するボアの代わりになんとミンクの毛皮が貼られているという超豪華な仕様。

SPEC
●ネック幅  
ナット: 43.8mm
12F: 55.0mm
14F: 56.0mm
指板エンド: 58.5mm
●ネック厚み  
1F: 21.0mm
10F: 25.0mm
●ボディ幅  
ショルダー: 285.0mm
くびれ: 278.0mm
お腹: 400.0mm
●ボディ長: 505.0mm
●ボディ厚  
ネック側: 65.0mm
エンドピン側: 87.0mm

 その豪華さに劣ることない鳴りもさることながら、全体的なバランスにも優れ、ギターというよりも最上級の美術品として通用する逸品であると表現出来ます。価値のあるプレミアムな1本を是非手にして頂きたいです。

Mossman



TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.