中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french


ZEMAITIS 1996 METAL FRONT

ZEMAITIS 1996 METAL FRONT
直筆デッサン

DANNIE OBRIEN氏の鉛筆書きの直筆デッサン が残されている。エングレイブの原画が残っていることは極めて稀。

新聞記事

本機を手にする生前のTONY ZEMAITIS氏 左に持っているのはあのGeorge Harrison氏のために作られたもの。

ギター ギター ギター ギター

英ZEMAITIS CLUBの会長であり、ミュージシャンとしても活躍しているKeith Smart氏のオーダーにより1996年に製作された一本。ロッドカバーにはKeith Smart氏のネームが刻印されている。

ギター ギター

Scorpion Docsの名の通り、蠍の刻印がトレードマークになっている。

ギター

エンド部にはもちろんDANNY OBRIEN氏のネーム。

ギター ギター

“1996”の刻印が随所に刻まれている。

ギター

ショルダー部にはフクロウが。一部フェイクも存在する中で、このフクロウの彫刻こそが本物の 証であると言われる。

ギター ギター ギター

DANNY OBRIEN氏のエングレイブの原画のデッサン。これが残されていることは奇跡と言えよう。

ギター ギター ギター ギター

Vintage Guitar誌に掲載された製作時の写真。本機を手にする生前のTony Zemaitis氏。左手に持っているのはGeorge Harrison氏オーダーのモデル。この写真は英ZemaitisOwnersClubの会報「THE Z GAZETTE」の2008年版にも掲載されている。表紙はもちろん本機。

ギター ギター

同じく2012年の「THE Z GAZETTE」にも紹介されている。

ギター

オーダー主のKeith Smart氏に送られた直筆の手紙。Tony Zemaitis氏の筆跡に当時の思いを馳 せることができる。

ギター ギター ギター

こちらは2002年の「Guitarist」誌冬号。本機がカラーで掲載されている。

愛用ミュ―ジシャンに見るZemaitisの真の魅力

ギター

1935年、イギリスのロンドンで生まれたトニー・ゼマイティス。16歳の頃に家具職人を目指し、木工技術等を取得。彼が本格的にギター製作をスタートするのが、1955年。友人の所有するギターを観察し、独自のデザインなどを取り入れながら製作を始め、その年に念願のアコースティック・ギター第一号を完成させる。’57年、徴兵による軍隊での生活を終えたトニーは再びギター製作に没頭。試行錯誤を繰り返しながらも、数々のプロト・モデルを製作する。’60年代に入ると、売り込みの成果もあり、トニーのギターは楽器店に並び、値段も安いということもあって売上げも好調だったという。そして1965年にはギター製作家として認知されるのである。

ギター

トニーの友人である彫刻師ダニー・オブライエンの彫刻をスペックに採用、メタルによるシールド効果により、ハムノイズを軽減させたクリアなサウンドのエレクトリック・ギターは高く評価され、’70年代以降、多くの著名ミュージシャンの愛用によりZemaitisの知名度は高まっていく。さらに’70年代後半にはオリジナリティに溢れたルックスで有名となったメタル・フロント以外にも、トップ前面に白蝶貝を施したパール・フロントも発表。更なる躍進を遂げる。’80年代に入ると、より多くのプレイヤーにも自分のギターを感じて貰いたいという願いから、低価格帯のスチューデント・モデルも製作。しかしながら、想定外のオーダーが殺到し、それは中止せざるを得ない状況に。その後、’90年代に入ると、Zemaitisの世間での人気が自身の思いを遥かに上回り、生産の限界をも感じて、品質を重視するため生産数量を下げることになる。2000年、以前からの病を理由に引退を決意、そして、2002年8月17日、トニーは突然帰らぬ人となってしまうのである。

ギター

他のギターには見られないほどにデザイン性が高く、ヘッドやブリッジの形状などがほぼ全てオリジナル・デザイン(カスタムを除く)。ダニー・オブライエンの彫刻による特異な存在感に溢れたオリジナル・ギターの数々は、今や伝説の逸品と謳われるほどだ。その芸術的な美しさの虜となったミュージシャンは数知れず。キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)、ロン・ウッド(フェイセズ、ローリング・ストーンズ)、ジョージ・ハリスン(ビートルズ)、ジミ・ヘンドリックス、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ドノヴァン、メリー・ホプキンス、ロニー・レイン(スモール・フェイセズ、フェイセズ)、グレッグ・レイク(ELP)、ピーター・フランプトン、デイヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)、マーク・ボラン(T-Rex)、デイヴィッド・ボウイ、ローリー・ワイズフィールド(スネイクチャーマー)、山内テツ氏(フリー)、クリッシー・ハインド(プリテンダーズ)、ジョー・ペリー(エアロスミス)、リッチー・サンボラ(exボン・ジョヴィ)、ミッキー・ムーディ(スネイクチャーマー)、ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)、ザック・ワイルド(ブラック・レーベル・ソサイアティ)、ヴィヴィアン・キャンベル(デフ・レパード)、ダグ・アルドリッヂ(ホワイトスネイク)、Char氏、布袋寅泰氏、松本孝弘氏(B’z)、秋間経夫氏(ラーマ・アメーバ)・・・枚挙にいとまがない。

その代表的なアーティスト達との関わり合いから見て取れるZemaitis Guitarの真の魅力を探ってみよう

代表的なアーティスト達

ロン・ウッド(フェイセズ、ローリング・ストーンズ)
■ロン・ウッド(フェイセズ、ローリング・ストーンズ)トニーのギターを気に入った'70年代当時フェイセスで活躍中のロン・ウッドは、3本目に製作されたメタルトップ・フロントを購入。同バンドのベーシストのロニー・レインは、アコギ、エレキ、ベースと実に12本以上ものアイテムをオーダー。そして、当時『BBC』の人気番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』にZemaitisを抱えたフェイセスが登場するようになると、その革新的なデザインのギターは瞬く間に世界の人々に知られるようになる。'72年には通称"Stay With Me"をオーダー、その命名はもちろんフェイセスのヒット曲に因んでいる。円形のジュラルミンに彫金された宝の地図について、「世界中をツアーして廻るローリング・ストーンズをイメージした図柄にして欲しいという、ロニーの希望に応えたものさ」とトニーは後に語っているが、時系がズレているため、それは恐らくトニーの記憶違いのようだ。
キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
■キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)1970年代初頭にキースがオーダーしたのが、”Macabre”(”気味の悪い、ぞっとする”という意味)。ドクロや剣、銃といった装飾類もかなり独創性に溢れているが、最大の特徴が5弦ギターであるということ。しかも当時としては5弦仕様は世界初!!􀅽通常、オープンGでは6弦を鳴らすと不協和音になってしまうので、プレイ中は常にミュートしなければならないため、その面倒を無くすために6弦を取っ払ったという代物。まさにキースならではのオーダー・メイド・ギターと云えよう。キース所有のオリジナルの”Macabre”は自宅の火災により焼失してしまったとのことで、現在は’82年の再オーダー品と神田商会製を愛用している。
ジョージ・ハリスン(ビートルズ)
■ジョージ・ハリスン(ビートルズ)ジョージ・ハリスンがその音楽人生の後半にとてつもない愛情を注いで使用していたのがZemaitis。10数本にも及ぶコレクションはもちろん全て自身によるオーダー。その愛情は、最後のジョージの注文に対して「お前はもうあんなに持っているじゃないか」とトニーに断られ続ける程だったという。2002年にトニーが他界すると、その後を追うようにジョージも逝去。元ビートルズのメンバー程のミュージシャンがそれだけ惚れるZemaitisには、所持した者にしか分からない魅力が必ずあるのだろう、と思わせるエピソードだ。
ジミ・ヘンドリックス
■ジミ・ヘンドリックス伝記映画『a Film About Jimi Hendrix』(‘73年)での弾き語り「Hear My Train a Comin’」に使用されたのが、Zemaitis製の12弦アコースティック・ギター。トニーが楽器製作を初めて間もない頃に製作したものらしい。このギターはジミ・ヘンの所有物ではなく、映画監督が撮影用に借りてきたか、もしくは監督自身のギターだったようで、撮影に当たって急遽用意されたもの。ジミ・ヘン本人も12弦だったので戸惑ったらしく、「Hear My Train a Comin’」を弾き切った後に「けっこう、やるだろ?」とコメントしている。
エリック・クラプトン
■エリック・クラプトン『クロスロード・センター』設立のために、『クリスティーズ』のオークションで$253,000(!!)という高値で競り落とされたZemaitisアコースティック・ギターで一番有名な逸品。そもそも、クラプトンが別れた女性への未練を込めて製作したもので、その名も通称"Ivan the Terrible"(冷酷さを示すニュアンス)。金・銀・白蝶貝、象嵌細工をふんだんに施した妖艶な美しさを纏った12弦ギターの音色は、名作「Blind Faith」('69年)で耳にすることが出来る。因みに、1971年リリースのボビー・ウィットロック(デレク・アンド・ザ・ドミノス)の1stソロ・アルバムの3曲目「A Game Called Life」と7曲目「The Scenery Has Slowly Changed」でも"Ivan the Terrible"の音色を聴ける。
山内テツ(Free)
■山内テツ(Free)ポール・ロジャース率いるフリーの名盤「ハードブレイカー」がリリースされた1972年頃、同バンドのベーシストであった山内テツのためにトニーがオートクチュールしたメタル・フロントのベースが注目を集めた。丹念に磨きこまれ、重厚な艶を放つ漆黒にも似たブラウン・ボディに、純銀で飾られたヘッドストックのパイレーツ・エンブレム。そして、繊細かつ入念に描かれたメタル・トップのリーフ・エングレイヴィング。このベースはアメリカの『Guitar Player』誌に掲載され、当時、界で最も有名なZemaitisの一本となったそうだ。掲載誌でのインタビューでトニーはこう語ったという。「楽器の塗装は薄く強くないといけない。ニスを繰り返し塗っては磨き、この工程を最低14回は繰り返す」と。
山内テツ(Free)
■マーク・ボラン(T-Rex)ロン・ウッド等の影響によりZemaitisの知名度が急激に高まった’72年頃、数多くのギタリスト達がトニーの工房を訪れたという。ELPのグレッグ・レイクやウィッシュボーン・アッシュのロリー・ワイズフィールド・・・その中に当時人気絶頂だったT.Rexのマーク・ボランの姿も。彼がオーダーしたのは、複雑なプリアンプを内蔵したロータリー・スイッチ付きのスペシャル・オーダー品で、トップにはバッテリーを収納するメタル・プレートが施された革新的な一本。レギュラー・スケールに24フレット仕様というスペックによる長く突き出たかのようなネックのバランスが、官能的なグラム・ロックの世界観にベスト・マッチしている。
ドノヴァン
■ドノヴァン1970年代に入り、"メタル"と"パール"の2トップ仕様を基本に、ミュージシャンの好みによってカスタム・オーダーを施すという手法が定着していったZemaitisのエレクトリック・ギター。片や、アコースティック・ギターは独創性に富んだファンタジックなデザインを全面に配した方向へと進んでいく。2012年にロックの殿堂入りを果たしたスコットランドのシンガー・ソングライター、ドノヴァンの通称"三日月サウンドホール"アコギの奇抜なデザインは、'70年代当時の聴衆に強烈なインパクトを与えたことでしょう。そのファンシーなギターから奏でられた'72年リリースの「ブラザー・サン、シスター・ムーン」は世界的な大ヒットを記録した。因みにトニー曰く、「低音がより力強く前面に出る」ということで、Dタイプのサウンドホールはドレッドノウト・タイプのボディに好んで採用していたそうだ。

Exclusive Interview 日本を代表するZemaitis愛好家 秋間経夫氏 インタビュー

日本を代表するZemaitis愛好家 秋間経夫氏
基本的なご質問にて恐縮ですが、秋間さんがギターに興味を持ち始めたのは、いつ頃からで、どういった切っ掛けだったのでしょうか。
小学生の頃、チューリップの姫野(達也)さんがフライングVを弾いてるのをTVで観て、「カッコイイ!!」と思ったのが切っ掛けかな。実際にエレキギターを買ったのは14才の時。
ゼマイティス・ギターを使い始めたのは、いつ頃からでしょうか、その経緯もお聞かせ下さい。
『神田商会』が扱うようになった時だね。2004年だったかな。その時の社長から連絡を貰って行ってみたら、「お前はこれが似合うな」とパール・フロントのモデルをくれたんだ。
ゼマイティス・ギターを実際に手にした時の第一印象はどのようなものだったでしょうか。
すごく美しかったね。そして細部までとても丁寧な仕上がりに驚いたよ。
ご所有の全てのゼマイティス・ギターのモデルをお教え下さい。
ゼマイティスはパール・フロントのS22STだけ。あとはGZシリーズのメタル・フロントGZ-3500MF/24とアコースティック・ギターのGZA-2600。
一口で言うと、ゼマイティス・ギターの魅力は何だとお思いでしょうか。
一番には、見た目の芸術性でしょう。エレキ・ギターに限らず、楽器って機能だけでなくそういった事は大事なんだと思うよ。
サウンド系に関しての魅力についてもご意見をお聞かせ下さい。
とにかく細部まで精密でキッチリ出来ている。音的な精度も高い。俺のパール・フロント・モデルは、トップの装飾のパールの影響が濃くて、高域がかなり強かった。でも、弾き始めて1ヶ月、2ヶ月とサウンドが変化していったんだ。高域も落ち着いてどんどん良い感じになってくる。こんなに速く音が変わるギターは今までになかったね。まるで生き物みたいだよ。
マーク・ボラン・フリークで知られる秋間さんですが…語り尽くせないかとは思いますが…マーク(T.Rex)の魅力を教えて頂けますでしょうか。
君の言う通り、語り尽くせないよ(笑)。マークの音楽は先にも後にも存在しない、唯一無二のものだ。亡くなって38年も経つのに、今でもTVコマーシャルとかで絶えず耳にするよね。彼の音楽はいつまで経っても古臭くならないんだ。マークは初期の頃のメタル・フロントを使っていた。それはマークの好みに本当にピッタリだと思う。
マーク・ボランの命日9/16に追悼ライヴは開催されているようですが、その経緯と目的、内容等をお教え下さい。
毎年9/16にT.Rexの曲だけしかやらないライヴだ。今年で28年目になる。使う機材もギターやアンプはもちろん、ドラムに至るまでかなりレアなヴィンテージばかりなので、そういったサウンド面でも楽しめると思うよ。
今後のバンド活動のご予定(アルバム・リリースやツアー)をお教え下さい。
今はラーマ・アメーバというバンドをやっていて、7月に九州でのツアーを終えたばかりなんだ。9月にはさっき話題にもあったマークの追悼ライヴを『下北沢GARDEN』で行なう予定だよ。詳しくはホームページをチェックしてくれ。レコーディングも何回かに分けて行なっていて、これから新たに作る曲もあるから、リリースは来年だね。

★AKIMA&NEOS Web http://akimaandneos.com

★Rama Amoeba オフィシャル Web http://ramaamoeba.com

トニー・ゼマイティスが42年間に製作したギターとベースの本数は、アコースティックとエレキを含めて、約600本と云われる。ハンド・メイド故にその一本一本全てが異なる仕様なのは当然のことだが、このように著名ミュージシャンとの関わり合いによるエピソードを見てみると、トニーが如何にオーダーしたミュージシャン達の思いに真摯に応えていたかが多少なりとも見て取れる。その唯一無二な、世界で唯一本な、オリジナルでスペシャルな完成度の高いギターを手にしたミュージシャン達の悦び。この”究極の贅沢”こそがZemaitisの最大の魅力なのではないでしょうか。

ギター


TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.