中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french

  • 電話番号
  • 営業時間
  • お問い合わせ




国産フォークの秘密!!

国産フォークギターの利点は、ずばりコストパフォーマンスに有り!
日本の工場で日本の技術者によって造られた国産のギターは仕込み精度が高く、その品質は世界でもトップレベルとも呼び声高いです!
なのにお求め安い価格で提供されているものばかり。それの中古となれば更にお得です!
決まった予算内でなるべく高品質なギターが欲しい、、、そんな方にオススメなのが、ずばり!Made In Japan!国産フォークギター!
今回は名だたる有名国産ブランドの代表機種や要注目機種をご紹介します

 

•K.Yairi
K.Yairiは1965年にメイドインジャパンブランドとして立ち上げられました。70年代から今日までも、少人数体制でのハンドメイドにこだわって作られたギターは、その精度と音色、コストパフォーマンスなど、あらゆる面で多くのプレイヤーから支持されています。

 

YW-500P
こちらはそんなK.Yairiを代表する大人気シリーズYWシリーズの1本!価格を超えた作りと充実の音像感は必聴!MartinD-35タイプをお探しの方におすすめです!!

     
 

YW-1000
本機はサイドバックにハカランダ材を使用したYWの高級モデル!ボディトップにサイドバック、ネックジョイント部にまで施されたアバロンバインディングにアバロンのヘキサゴンインレイはD-45を彷彿とさせます!バックのハカランダ材は3P仕様になっています。その迫力のサウンドは驚きです!!

 

R2AN
これは随分と年季の入ったギター、、、ではないんです!!!なんとこちらアンティーク仕上げに作られたものなんです!!色合いや傷、装飾など細かく作り込まれた、K.Yairiの技術力だからこそ実現できたモデルです!非常に人気も高いモデルなのですが、コストが合わず廃盤に、、、中古で見つけたら手に入れておきたい1本!!!

     
     
 

•morris
国産フォークを語る上で、国内で最も馴染みのあるメーカーの一つとして挙げられるMorris。60年代に前身ブランドが創業。72年に晴れてMorrisというブランド名になりました。その技術力と価格は今も昔も多くのプレイヤーに評価されており、70年代終わりあたりから、当時の日本製品にあった“安かろう悪かろう”といったイメージを払拭したのがMorrisと言われています。

 

W-50
MorrisのD-45系コピーモデル!なんとサイドバックにはハカランダ材を使用、、、今作ったらいったいどんな値段になってしまうのやら。。。D-45のような豪華な装飾を踏襲しつつ、バック材に杢の出たチェスナットをラミネートするなど、オリジナリティも垣間見えるモデルです!ガツンとパワーのある鳴りは必聴!!

     
 

WH-20
こちらはHummingbirdタイプのモデル!!!PGの絵柄まで細部にわたって再現されています、、、!!!チェリーバーストの雰囲気もGood!!ハミングバードファンにはたまらない1本。低コストでこの仕上がりは驚きです。恐るべし、メイド•イン•ジャパン。。。

 

S-30
フィンガーピッカーに大人気のSシリーズ!演奏性向上のために薄めのネックやシングルカッタウェイを採用、スケールも長めに設計するなど、現代的な演奏にも適応しています!普段はエレキ奏者だけどアコもやってみようかな~といった方にもおすすめ!!

     
     
 

•YAMAHA
日本を代表する製造技術持つことで有名なYAMAHA。その中でも楽器製造分野では群を抜いて評価されています。アコースティックギターの量産を国内で最初に始めたのもこのYAMAHAです。

 

FG-150
YAMAHAが国産での量産フォークギター初として発売を開始したのがこのFGシリーズ!!国産フォークの歴史を語る上では欠かせません!1966年、日本のフォークブーム到来に先駆けて発表され、歴史を築いてきました!こちらのFG-180は”オリジナル•フォークボディ”と呼び、少し小ぶりなボディが特長です!

     
 

FG-180
当時FG-150と共に発表されたFG-180、こちらはFG-150よりも大きめの、”トラッド•ウエスタンボディ”を採用しています!当時のFGシリーズには多くのファンがついており、今でも良品が出回ればすぐに売れてしまうほど、、、ジャパン・ヴィンテージの代表格です!年々状態の良いものも減ってきてしまっているので見つけたら手に入れておきたいですね、、!!

 

L-5
1974年から、FGシリーズの上位機種として発表されたLシリーズ。なかでもこちらのL-5はスタンダードモデルとして発売され、高い人気を誇ります!ボディはドレッドなどに近いジャンボタイプになります。FGと並んで、知っておきたいシリーズですね!!

     
     
 

•HEADWAY
名工•百瀬恭夫氏を中心として立ち上げられたディバイザー社。アコースティックはHEADWAY,エレキギターはBacchus,どちらも絶大な評価をされています。百瀬氏が監修/製作を行うmomoseブランドは最高級ブランドとしても有名です。

 

HF-201T
作りの良さには定評のあるHEADWAY、国産フォークファンであれば一度は手にしたいですね!!こちらは鮮やかなトーチインレイが目を引くHEADWAYの000タイプ!装飾なども豪華な上、オール単板で作られるなど、スペックにとてもこだわっています!!

     
 

HD-115
HEADWAYのドレッドタイプならこれ!!HD-115!!現行品としても作られている人気機種なのですが、80年代に作られていたオリジナル個体はビンテージとしても人気です!Martinよりも良い!という意見も度々聞きますね!!国産ドレッドタイプを語る上では見逃せない1本です!

 

HJ-45S
こちらはJ-45タイプ!!国産ならではの精度の高さで作られたGibsonタイプのギターも、また違った音色で面白いです!!安価なモデルでも本家に劣らない外観、そして高品質に仕上げてくるのもディバイザー社のすごいところなんです!!

     
     
 

•Cat’s Eyes
国産ビンテージの代表格としても有名なCat’s Eyesは70,80年代に東海楽器が製造していたブランドです。当時東海楽器はMartinの輸入代理店を務めていました。技術提携もしており、Martin譲りのギター製造技術は高く評価されています。

 

CE-800
こちらはヘリンボーンが施されたHD-28タイプのモデル。
本家HD-28同様、指板インレイのデザインから、ボディ内部のブレーシング(力木)までスキャロップ仕様になっているほどのこだわり。
凝っているだけあり完成度も高く、サウンドも本家に引けを取らないほど!Cat’s Eyes自体、年々良質な個体が減っているので、早めに手に入れておきたい1本ですね!

     
 

CE-1000
こちらはオール単板の高級モデル!迫力ある鳴りが体感できます!Cat’s EyesというブランドはMartinに関わっていた東海楽器だからこその技術が活かされています!Martinドレッドタイプといえば!Cat’s Eyes!と言っても過言ではありません!

 

CE-300
リーズナブルな国産ビンテージとしても人気のあるcat's eyes、CE-300は特にお求め安いモデルです!このあたりも年々出回ることが減ってきています、、、なるべく安価なものを!という方におすすめ!

     
     

国産フォークの世界!いかがでしょうか!!日本を代表するメーカーのギター選びの参考になれば幸いです!!ここで紹介しているメーカー、機種の他にも国産フォークにはまだまだ多くのギターがあります!!当店にもたくさんの国産フォークを在庫しておりますよ~!ご来店お待ちしております!!





TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.