中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french


FENDER JAPAN 夢の上位機種

何故、ジャパン・ビンテージが、海外で評価されているのでしょうか?

日本人の多くはブランド等の価値感に強い拘りを持ち、国産モデルより海外のブランド、”Fender”、”Gibson”といったモデルを好んで購入する傾向がありますが、海外の方はブランド等をあまり気にせず、本当に造りの良い物、サウンドの良い物を求めており、金額等では無く究極の一本を買う!! そのようなイメージがありますね。彼らはいち早くジャパン・ビンテージの素晴らしさに気付き、競うように買い漁ったのです!さらに最近では”Made In Japan”の頭文字をとった”MIJ”という新たな呼称により、さらにプレミアム度を増しているジャパン・ビンテージの楽器。多少海外には遅れはとったものの、近年では国内での人気も非常に高まり、年配の方から若者まで世代を越えて支持されています。

今回の企画では、ジャパン・ビンテージの中でも目立って人気を集めているFender Japanをピックアップしました。特に希少で入手困難な”JVシリアル期”や”EXTRAD”、LIMITEDEDITIONモデルをTC楽器が全力で世界中!から探し出しました!!いずれも逸品揃いで、これだけの数が一度に集まるということは、まさに奇跡と云えるでしょう。担当した私も興奮を抑えのが大変でした(汗)では早速、Fender Japanの魅力に迫りたいと思います。

まとめ+シリアル

1982年の創業より33年間に渡って、多くのユーザーに愛され魅了してきたFender Japan。2015年3月31日、ついにその歴史に終止符が打たれました。

実は僕自身も、最初に買ったギターはFender Japanのモデルでした。今回、この様な形でFender Japanを取り上げさせて頂きましたが、普通に過ごしているだけでは絶対にお目に掛かれない貴重なモデルを多数集めることに成功しました!

まだまだ、調べ足りないところはあるかと思いますが、今後もFenderJapanの様々なモデルを収集し、素晴らしい魅力の一部始終を全国の皆さんにお伝えできればと思っております。今回ご紹介した楽器は、TC楽器でご覧頂き、試奏することも可能です。もちろん各一本限りなので、絶対お見逃しなく!!

-資料-

シリアルナンバー完全解明!!

Fender Japanにはほぼ全てのモデルにシリアルナンバーが記載されております。

最初期のシリアルナンバーは、”JV”、”SQ”で始まります。もち ろん製造は世界の富士弦楽器製造(現フジゲン)です!

Made in Japan JV + 5桁の数字: 1982~1984年製
Made in Japan SQ + 5桁の数字: 1983 ~ 1984年製
Made in Japan E + 6桁の数字: 1984 ~ 1987年製
Made in Japan A + 6桁の数字: 1985 ~ 1986年製
Made in Japan B + 6桁の数字: 1985 ~ 1986年製
Made in Japan C + 6桁の数字: 1985 ~ 1986年製
Made in Japan F + 6桁の数字: 1986 ~ 1987年製
Made in Japan G + 6桁の数字: 1987 ~ 1988年製
Made in Japan H + 6桁の数字: 1988 ~ 1989年製
Made in Japan I + 6桁の数字: 1989 ~ 1990年製
Made in Japan J + 6桁の数字: 1989 ~ 1990年製
Made in Japan K + 6桁の数字: 1990 ~ 1991年製
Made in Japan L + 6桁の数字: 1991 ~ 1992年製
Made in Japan M + 6桁の数字: 1992 ~ 1993年製
Made in Japan N + 6桁の数字: 1993 ~ 1994年製
Made in Japan O + 6桁の数字: 1993 ~ 1994年製
Made in Japan P + 6桁の数字: 1993 ~ 1994年製
Made in Japan Q + 6桁の数字: 1993 ~ 1994年製
Made in Japan S + 6桁の数字: 1994 ~ 1995年製
Made in Japan T + 6桁の数字: 1994 ~ 1995年製
Made in Japan U + 6桁の数字: 1995 ~ 1996年製
Made in Japan V + 6桁の数字: 1996 ~ 1997年製

 

良く見かける”Crafted in Japan”、こちらの表記は1997年から2007年までのシリアルナンバー表記になります。
この時期の個体は、木材加工などの製造が外注先となり、組み込みがダイナ楽器でした。
英字1文字+6桁の数字となっており、以下のようなシリアルナンバーになります。

Crafted in Japan A + 6桁の数字: 1997 ~ 1998年製
Crafted in Japan N + 5桁の数字: 1995 ~ 1996年製
Crafted in Japan O0 + 5桁の数字: 1997 ~ 2000年製
Crafted in Japan P0 + 5桁の数字: 1999 ~ 2002年製
Crafted in Japan Q0 + 5桁の数字: 2002 ~ 2004年製
Crafted in Japan R0 + 5桁の数字: 2004 ~ 2006年製
Crafted in Japan S0 + 5桁の数字: 2006 ~ 2008年製
Crafted in Japan T0 + 5桁の数字: 2007 ~ 2008年製

 

その後、ダイナ楽器にて製造・組み込みの全ての工程を行った製品に は、”Made in Japan”と記載されます。
英字1文字+数字6桁(1番目の数字が0)が基本です。



Made in Japan T0 + 5桁の数字: 2007 ~ 2010年製
Made in Japan U0 + 5桁の数字: 2010 ~ 2012年製

2012年以降はJD12から始まり、2013年製はJD13と年度の下二桁が JD◯◯となって行きます。  

Made in Japan JD12 + 5桁の数字: 2012年製
Made in Japan JD13 + 5桁の数字: 2013年製

Made in Japan JD16 + 5桁の数字: 2016年製

   

以上、このようなシリアルナンバー体系となります。

30数年間の浅いようでとても深い、フェンダージャパンのシリアルナンバーの流れを辿ってみました。
 ・お持ちのフェンダージャパンが、何年製のどこ製の個体か調べてみるも良し!!
 ・友達のギターを鑑定して、通ぶって自慢するも良し!!
 ・TC楽器で、年代別の個体を弾き比べするのも良し!!

沢山のフェンダージャパンの在庫を用意してお待ちしております。

買い取りも重点的に強化中!!
フェンダージャパンに自信ありのTC楽器なら、初期モデルはもちろん、近年のモデルも高額査定が間違いなし(^O^)/

Fender Japanの商品一覧はこちら! >>

 



TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.