中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。楽器マガジン。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french


孤高のギターデザイナー テリー中本

 

日本のアコースティックギター文化が発展したのは間違いなくこの方のおかげ!
孤高の存在として、もはや生きる国宝のテリー中本氏の活躍がなければ歴史は違っていたかもしれません!
アコースティックのカスタムギター、オーダーギターという概念そのものもテリー中本氏がいなければこれほど業界に根付くことはなかったのではないでしょうか!?日本の音楽シーンの最大の功労者です!

 

写真をクリックすると該当の詳細にジャンプします。
   
Terry's Terry 2010 Paul Simon Type   Terry's Terry 1996 TJ-100   Terry's Casual 2010 TC-J7 BIRD
         
   
Premium Terry PTJ-100 Traditional   YAMAHA 1972 FG-1500   YAMAHA 1975 L-54 Custom

 

 

 テリー中本こと中本輝美氏は1949年島根県津和野町生まれのギターデザイナーです。日本のアコースティックギター創世期にYAMAHAにてFGシリーズの銘機などを作り上げたことでも有名です!
 YAMAHAを退職後、1990年に静岡県浜松市に【てりーずカンパニー】を設立。現在もテリー中本氏が中心となり、とてつもなく高いクオリティで生産されるその工房がTerry's Terryです!まさに少数精鋭!
 しか〜し!あまりに強烈な人気のためオーダーから顧客の手元に届くまで2~3年を要することなど日常茶飯事、オーダーストップを行っていることもございます。
 個人様のオーダーが基本であるため楽器店の店頭にTerry's Terryの商品並ぶことなど全く無く、雑誌やネットで見ることは出来ても生で見ることなどほぼ不可能、プロも垂涎!超高額モデルな上に、あまりにも生産数が少ないから中々手に入らないんですよ。
 アコースティックギターに触れる方であれば一度は憧れるその存在とテリー中本氏の作り出すギター。テリー中本氏が制作に関わった歴史に残る銘機達、幸運にもTC楽器で扱うことのできた中から厳選した6本をご紹介させていただきます。

 

 

Terry's Terry 2010 Paul Simon Type

 

 

ポール・サイモンシェイプのTerry's Terryの逸品です!
ボディ全体には良い雰囲気にウェザーチェックが入っています。この年式でこの風合い、ベタ塗りの塗装ではないことが一発で伝わってきます!
ナット、サドル、フレット、指板、ネックコンディションまで全て万全!パーフェクトです!クラック、リペア歴なども一切ございません!

注目のサウンドは・・・ご、極上過ぎます!なんだこれ!?
このボディサイズからこのボリューム!圧倒的な倍音でなります!ぶっとい!
一番の驚きポイントは各弦のバランスの良さ!どこかで誰かがイコライザーで調節してませんか?そう疑ってしまうほどの均整の良さ!
なるほど、ギターというのはこんな楽器だったのか!そう考えを改めてしまうほどの逸品!

 

トップ: スプルース単板
サイド&バック: ローズ・ウッド
単板ネック: マホガニー/メイプル 5P
指板&ブリッジ: エボニー
スケール: 650mm
ナット幅: 43.5mm
重量: 2.2kg

Terry's Terry 1996 TJ-100

 

 

アコースティックギターを愛する人ならば一度は触れたいギター第一位が本家Terry's Terry!
そのTerry's Terryを代表する機種と言えばTJ-100でございます!!
この個体もただごとではないサウンドです!
元来の高いポテンシャルを持ったギターが20年の経年変化を経て完全に熟しています!この鳴り・・・強烈!これは異常事態!

とてつもない量の倍音!サウンドの厚みが強烈です!低域は力強く、高域はきらびやかに繊細に!
その音域ごとの特性がコードとなってアンサンブルとなると、どの音域にもボリュームを感じる至極のバランスで響き渡ります!
直に見ることすら稀有なこのギター、その中でもやはり20年前の個体となるともはや博物館クラスです!

 

 

トップ: スプルース単板
サイド&バック: ホンジュラス・ローズ・ウッド単板
ネック: ホンジュラス・マホガニー/メイプル 5P指板
指板&ブリッジ: エボニー
スケール: 650mm
ナット幅: 43.5mm
重量: 2.15kg

Terry's Casual 2010 TC-J7 BIRD

 

 

2007年より企画・製造が開始されたブランドがTerry's Casual です。
2010年、そのTerry's CasualよりTerry’s Terry20周年を飾る逸品として発売された記念モデルがこちらです!
代表モデルのTC-J7をベースにして、品格すら感じるバードインレイを施したTC-J7 BIRDです!
記念モデルなだけに、これでもかと力を入れて制作されTerry’s Terryの旨味が凝縮した1本となっております!

設計・材のセレクトは中本氏がおこない、基本となる組み上げは寺田楽器にて行われているのがTerry's Casualです。
勿論ラベルに輝くのは最終工程で登場するテリー中本氏本人のチェックサイン!

少数生産のブランドながら世間の需要があまりにも多いので本家Terry’s Terryの生産はまったく間に合いません。
多くのユーザーにTerry’s Terryのサウンドを届けるためにもTerry's Casualの存在は大きいものでした。
本家と変わらないクオリティのTerry's Casual、惜しまれますが現在は生産されておりません。

 

トップ: スプルース単板
サイド&バック: インディアン・ローズ・ウッド単板
ネック: マホガニー5p
指板&ブリッジ: エボニー
スケール: 652mm
ナット幅: 44.5mm
重量: 2.25kg

Premium Terry PTJ-100 Traditional

 

 

2016年登場の新規立ち上げブランドPremium Terryの第一弾となる製品PTJ-100 Traditionalです!
Terry's Terryを代表するモデルTJ-100のオリジナル・ジャンボと同様サイズの1本です!
色味、目の詰まり、杢目まで一目で最高級の材であることがヒシヒシと伝わってきます!

Terry's Casual同様に基本の組み上げを外部の工房で行っておりますが、Terry's Casualとの違いは特定の工房ではないという点です!
インレイ作業、木工作業、組み上げ作業などそれぞれの製造過程を中本氏が信頼する各工房にて行うという手法がとられているのです!
より高いクオリティで本家Terry's Terryに迫るために企画されたPremium Terry、当然最終工程ではテリー中本氏本人のチェックが行われラベルにサインが入ります!

 

トップ: スプルース単板
サイド&バック: インディアン・ローズ・ウッド単板
ネック: ホンジュラス・マホガニー/メイプル 5P
指板&ブリッジ: エボニー
スケール: 650mm
ナット幅: 43mm
重量: 2.35kg

YAMAHA 1972 FG-1500

 

 

もはや説明の必要すらないかもしれません、日本が世界に誇るアコースティックギターの中でもこれほど有名なシリーズはございません!
YAMAHA FGシリーズ!その中でも初期の銘機FG-1500です!
1970年前後から世界中のプレーヤーが各モデルを手にすることとなりますが、その中でも衝撃的であったモデルがFG-1500!
なんとボブ・ディランも使用しております!
アルバム・ジャケットにそれを手にする姿が掲載されたり、実際にライブで使用されたりと、FGがいかにプロにも愛される至高のモデルであったかが伺い知れます!

ハカランダの特徴も顕著な明るく倍音の多い華やかなサウンド!経年変化も加わり外観もサウンドも味わい深さ倍増しております!
爪弾いて良し!コードワークを奏でても良し!まさに絶品!

 

トップ: エゾ松単板
サイド&バック: ハカランダ単板/メイプル
ネック: マホガニー
指板&ブリッジ: エボニー
スケール: 637mm
ナット幅: 45mm
重量: 1.9kg

YAMAHA 1975 L-54 Custom

 

 

1975年より1980年まで生産されていた逸品、通称YAMAHA四天王の1本です!
基本スペックはスプルース・トップにメイプルのサイド&バック。
各部に施されたインレイ・ワークやオリジナルのピックガードが華やかで、圧倒的な存在感を放っています!
価格はなんと1970年代当時の定価で30万円!

受注生産のカスタム・モデルということもあり、現在市場で見かけることは皆無の極めて希少なモデル!
ふくよかな中低音の響きにヤマハらしいブライトな歯切れ良さが加わったサウンドは、ワイドレンジで力強く拡がりに溢れます!
当時シーンの先頭にいた多くの大物アーティストらに愛用されたYAMAHAの傑作モデルです!

 

トップ: スプルース単板
サイド&バック: メイプル単板
ネック: メイプル
指板&ブリッジ: エボニー
スケール: 650mm
ナット幅: 44mm
重量: 2.65kg

 


 実際にTerry's Terryを使用するプロミュージシャンは数多く、パッと思いつくミュージシャンを五十音順で並べるだけでもスゴイことになります。石川鷹彦、伊勢正三、井上陽水、岡林信康、角松敏生、斉藤和義、坂崎幸之助、桜井賢、さだまさし、高見沢俊彦、長渕剛、松山千春、南こうせつ、村下孝蔵、吉田拓郎等などキリがありません!
 特に長渕剛氏はデビュー以来の親交があり、Terry's TerryのシリアルNo.1を所有していることで有名です。また海外のビッグネームではジョン・レノン、ポール・サイモンもテリー中本氏制作のギターを使用しております!
 いやらしい話ですが、通常はメーカーはプロミュージシャンとエンドース契約を結びます。ミュージシャンは契約内容に沿った有利な条件で楽器を提供してもらい、メンテナンスもバッチリな状態でレコーディングやライブに望みます。メーカーは提供する代わりに雑誌、テレビ、CDのジャケットからPV等ミュージシャンの露出時に必ず自社の楽器が登場しますので、多大な広告効果を得るというわけです。あのミュージシャンと同じ楽器が欲しい!そんな効果も期待できます。
 しかし!テリー中本氏のギターに、エンドースなどという言葉はありません!
テリー中本氏を信頼している、テリー中本氏のギターを信頼している、その思いが原動力となり多くの人がこの楽器を手にするのです。
 極端な話、どこかとエンドースを結んでいるミュージシャンだってテリー中本氏のギターを買います!もちろんメディア露出は出来ませんが、曲作りからレコーディングの現場などではかなりの頻度で使用されている方は大勢いらっしゃいます。
 音楽やメーカーの流行とは別な事柄があるんだと本当に実感できます。心から音楽や楽器が好きな人達に流れる特別な時間軸、その入口がここに存在いたします。
これは中古・ヴィンテージの楽器を扱わせていただくショップの責任です。
TC楽器はこれからも皆様へテリー中本氏の作品をできるだけ多くご紹介出来るよう勤めてまいります。


 



TOP

Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.