中古楽器買取りと販売の専門店 TC楽器。エレキギター・ベース・アコースティックギターの修理なら、私たちにお任せください。

  • japanese
  • chinese
  • korean
  • english
  • spanish
  • french


弦楽器のリペア-修理価格表

 

修理・調整の内容により、ある程度のお日にちを頂くかたちとなります、予めご了承ください。下記以外の修理・調整やチェロ・コントラバスなどの修理・調整もお気軽にご相談ください。 ※表示の料金は、全て消費税別途となります。また程度により修理費が加算される場合もございます。

 

本体 バイオリン ヴィオラ チェロ ベース
<駒交換>
Standard 8,500 9,000 18,000 25,000
Luxe** 10,500 11,500 23,000  
Deluxe*** 12,500 13,500 28,000  
調整 2,000 2,000 3,000 5,000
<魂柱>
交換 6,000 6,500 9,000  
調整 3,000 3,000 4,000  
リセット 1,500 1,500 2,000  
<指板>
交換 28,000 30,000 80,000  
調整(削り・部分) 4,000 4,000 5,000  
調整(削り・全体) 10,000 10,000 15,000  
剥がれ 4,000 4,500 6,500  
<ナット>
交換 5,000 5,000 8,000  
調整 2,000 2,000 3,000  
<エンドピン>
交換(材料費別) 2,000 2,000 5,000  
ブッシング(1本) 4,000 4,000 15,000  
<ペグ>
交換(材料費別) 2,500 500 4,000  
調整 1,000 1,000 1,500  
ブッシング(1本) 5,000 5,000 7,000  
穴割れ        
<ボディ(表・裏板)>
Open&Close 30,000 30,000 60,000  
割れ修正 2,000 2,000 4,000  
割れ修正(パッチあり) 要相談 要相談    
魂柱パッチ 要相談 要相談    
バスバー交換
(Open&close別)
50,000 50,000 90,000  
横板剥がれ 3,000 3,000 4,000  
<ネック>
角度調整(底上げ) 10,000 10,000 20,000  
リセット 60,000 60,000 90,000  
継ぎネック 150,000 150,000 300,000  
グリップ調整 10,000 10,000 20,000  
<テールピース>
テールピース交換 要相談 要相談    
テールナイロン交換
(材料費別)
500 500 1,500  
<ニス>
リタッチ 2,000 2,000 2,000  
<その他>
クリーニング 2,000 2,000 4,000  
 
バイオリン ヴィオラ チェロ ベース
<毛替え>
モンゴル 5,000 5,000 7,000 9,000
カナダ 8,000 8,000 10,000  
イタリア 10,000 10,000 15,000  
<チップ交換>
プラスチック 4,500 4,500 5,500  
人口象牙 6,500 6,500 7,500  
象牙 要相談 要相談    
<グリップ巻き>
山羊 3,000 3,000 3,000  
3,000 3,000 3,000  
トカゲ 4,500 4,500 4,500  
<ラッピング>
銀糸 4,000 4,000 4,000  
銀メッキ線 7,000 7,000 7,000  
銀線 10,000 10,000 10,000  
クジラ
イミテーション
7,000 7,000 7,000  
<折れ>
先端部 15,000      
<シャフト交換>
交換 2,400 2,400 4,000  
穴埋め
<アイレット交換>
  3,000 3,000 4,000  
<スライド交換>
6,000 6,000 6,000  

楽器をご購入後も、ヴァイオリンなどの弦楽器は環境や温度・湿度、寒暖の差が激しかったりすることによってコンディションや音色に変化や悪影響が出てしまうことがあります。
当店では、楽器や弓の修理・調整などのアフターサービスもしっかりと整っております。
消耗部品の交換やちょっとしたメンテナンス、弾いていていつもより響きが悪いなと感じられた際には、どうぞお気軽にご相談下さいませ。
お客様にはいつもベストなコンディションで安心してお使い頂けるように熟練の職人による修理・調整のご対応をさせていただきます。


 演奏後の楽器には、松脂や手垢、汗などが付着していますので、こまめに拭き取るようにしましょう。水拭きはしないように、丁寧に拭きます。できるだけキメの細かい布楽器用クロス、ガーゼ、ハンカチなどを使います。松脂はf字孔の周辺だけでなく弦や指板、テールピースの下などにも付着しやすいので、演奏直後またはその日のうちにこまめに落としておきたいものですね。手垢は指板やネックなどの手で触れる場所に付着しています。汗は、あご当て周辺によく付着して、下側は埃がたまりやすい場所です。全体をニスを傷めないように力を入れず丁寧に乾拭きします。弓の棹は拭きますが、弓毛は拭かないように気を付けて下さい。拭き取りに使用した布は定期的に洗濯をして清潔な状態を保つようにしましょう。布は松脂用と手垢、汗用を分けておくと良いですね。また、布を汚れたままにしておくと、楽器に汚れが付いてしまったり、カビや湿気の原因になってしまうこともあります。汚れを落とすのと同時に、楽器の質感を美しく保ち、艶出し効果がある専用クリーナーもあります。汚れや、固まってしまった松脂を落とすのに最適です。ポリッシュやクリーナーには、多少なりとも研磨剤や溶剤が入っており、頻繁に使用しているとニスを傷めてしまうおそれがあるのでご使用の際には注意が必要です。様子をみながら少しづつお使いになることをお勧めします。

お問い合わせ

TEL:03-5386-4560(代表)

TOP


Copyright c Music Solutions Inc. All rights reserved.