店内はコロナ対策済み!試奏スペースは完全に区画されています。ご安心ください。

営業時間
11:00〜20:00
定休日
水曜日(祝祭日は営業)

TC-GAKKI TC楽器USED&VINTAGE

フリーダイヤル 0120955605

カート
スマートフォンサイトはこちら

日本伝統の笛“能管”江戸から平成の新管まで取り揃えています


江戸時代製作の古管から、明治期、昭和、平成時代の笛師による新管まで、各時代の能管を取り揃えております。

能や歌舞伎、長唄、お祭り等のお囃子で使われる日本固有の笛、能管。西洋音楽的なメロディを持たず、唱歌(※)を元にした節回しをリズミカルに力強く吹き鳴らします。
(※)唱歌(しょうが)…「オヒヤラアリヒウイヤ ヒウ-ロロラア-」のように音の聞こえ方を片仮名で譜に表記したもの。能管の唱歌には音の高低はあるが、絶対的な旋律ではなく、ニュアンスに重点をおいた節回しに近い。ただし拍子(リズム)については極めて厳格に規定されています。

全長39センチ前後。管外径3センチ前後。笛材は竹。先端から歌口までの頭部分には節の太い真竹などの男竹が使われているものが多く、節の細い篠竹(女竹)と接がれている。指孔(ゆびあな)は同一線上に7つ開けられています。


能管の響きは聞き手に独特の緊張感を与えます。音の高低はあるものの、中音域は通常の音階よりも狭く、独自の音移りを生み出しています。器楽的な純粋音以外に吹き込む息音が重なっているため、倍音が大きく増幅されています。これらの要素が、鳴り始めた途端に舞台の気配を一変させる稀有な笛の個性を形成しています。

能管特有のヒャーと甲高く鳴る高音=ヒシギには、人間の可聴音域を超えた高周波が鳴っており、他の笛にはない類まれなる力強さが加わります。
能管は神降ろしの笛とも呼ばれるとおり、そのルーツは縄文時代の祭祀に使われた石笛(いわぶえ)にあるとも云われています。

能の舞台では神や死者などこの世のものではない登場物を舞台に誘う働きとして能管のヒシギが吹き放たれるのも、まさに石笛の直系と云われる所以です。


歌口の内部と頭部の間は蜜蝋で塗り固められ、頭の内部には笛全体のバランスを整えるために鉛錘が挿入されています。頭の先端には彫金した彫り物=頭金(かしらがね)(写真下)が嵌め込まれています。


頭部の裏側の爪形部分は、黒檀や紫檀などの別材が嵌めこまれています。昆虫の蝉を表した意匠であることから、この部分をセミ(写真下)と呼びます。


管の内外は生漆と砥粉などを混ぜた下地漆、朱漆が幾層にも塗り重ねられています。節と歌口、指孔以外の部分には樺桜の表皮を裁断して紐状に繋いだものや籐が巻かれ、その上からさらに黒漆が塗られています。指孔の間や歌口周りは竹の外皮は削られ、猫掻き、谷刳り(写真左)と呼ばれる技法が施されています。


堅牢に成形された耐久性に優れた笛で、吹き込まれるほどに豊かな響きに変化を遂げていきます。製作から百年目から本領を発揮するとも云われおり、笛方が舞台で使う能管は三百年以上前に作られた古い笛であることも珍しくありません。(下記写真の能管も製作から150年以上経過しています)
ただし、乾燥には弱いため、良いコンディションを保つためには継続的な息入れが大切です。


当店の能管はすべて、笛師の元で整備を終えた状態です。店頭にお越し頂ければ、笛のお試し吹きが可能です。
能管は一本、一本、音色も吹き心地も異なる個性豊かな笛でもあります。
この機会に能管の醍醐味を是非、ご体感ください。

大久保管楽器/TC楽器3F和楽器百人堂
問い合わせメール:wagaku@tcgakki.com
電話03-5386-4563
営業時間11時〜20時(毎週水定休日)
お店の場所 JR山手線・新大久保駅より徒歩0分
東京都新宿区百人町1-11-23TC楽器3F

お得情報一覧へ

お電話でのお申込みは 電話番号03-5386-4560

受付時間 11:00〜20:00 定休日:水曜日(祝祭日は営業)

お問い合わせ